JunsBLOG
HOME >> Jun's BLOG

2008年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事
退院しました。

2017 鱒の森最新号

22日(日)はサンスイ横浜店さ ..

謹賀新年   今年もよろしくお ..

12月11日(日) ハンドクラ ..

Jun Minnow Cup in 奈良子釣りセ ..

10月30日(日) Jun Minnow ..

9月17日(土) 山梨県 桂川 ..

山梨県 桂川(桂川漁協)レポー ..

山梨県 桂川(桂川漁協) レポ ..

過去ログ
2018年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 7月
2015年 6月
2015年 5月
2015年 4月
2015年 3月
2015年 2月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 9月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 5月
2014年 4月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年 9月
2013年 7月
2013年 6月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 3月
2013年 2月
2013年 1月
2012年11月
2012年10月
2012年 9月
2012年 8月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 2月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年 9月
2009年 8月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 4月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月

 




長野県 犀川水系レポート 〜by瑞浪FP中村さん〜
今週は中村さんと同様に揖斐川、根尾川をホームとする森さんとご一緒したそうです。この時期本流を釣り歩くのは体力勝負ですが、各ポイントで反応があると疲れ方も変わってくるんでしょうね。何はともあれ、良い魚体が多いですよ。


<レポート>
今回は近所に住む森さんのリクエストでまたまた犀川水系に行ってきました。

現地では相馬さんと4時に待ち合わせいつものポイントからスタートしました。
先週に比べて水量が随分と減り魚の付く場所が特定しやすかったので、ここっていうポイントから多くの反応が獲られました。

最初に大きくロッドが曲がったのは森さん。

強い流れの開きの対岸に大石があって、流れのよれているポイントに50SDピンクヤマメゴールドをキャストして巻き始めたら直ぐにヒット。
30センチの綺麗なヤマメでした。

次は相馬さんが下流の大場所でファイトしています。何度も大きな魚がジャンプしてるのでレインボーのようです。
キャッチされたのは45センチの太ったレインボーでした。
使っていたミノーは55Sスリム。
この新作ミノーは相馬さんのが溺愛するミノーでプロトを5月にジュンさんから渡されてから地元、犀川水系の川で数々の大物をキャッチしています。
流れに強く流芯で強烈にアピールして深場から魚を引きずり出して口を使わせるミノーです。
今回の釣行で僕も55Sスリムのカラーローテーションのみでチャレンジしてみました。

さてさて僕はというと、釣れてくるのはチビばかり…とはいえ尺サイズなので強い流れのなかで楽しませてくれます。
相当の数のレインボーを釣っていました。
どうも、今日はシルバーベースのカラーよりもゴールドベースに反応がいいようです。

程なくして、大物の居そうな流れの強い開きでまず33センチのレインボーを釣り、少し下り沈んだ石の脇を流して来るとシャローで水柱が立ち、そのままリーリングしてくると黒い大きな影がミノーの後ろをやる気満々で絡んできました。
すかさず、その場でミノーを踊らせましたが一瞬のバイトの後、流れに戻っていきました。

一部始終を見ていた相馬さんは、もう一度流れの頭から探ってみて、とアドレス。
丁寧に流してると強烈なバイトと共にラインが出されキャッチしたのはまたまた尺サイズ。
先ほどのそれとは違います。
10メートルほど流して諦めた時にまた強烈なバイト。
追いかけきたヤツのようです。
流れに乗ってラインが出され、何度もジャンプしてプレッシャーをかけると今度は上流に走りだし僕の足元を通ってまたジャンプ。
流芯に何度も入られはしたものの何とかネットに納まったのは40センチのマッチョなレインボーでした。
下流の開きでは森さんもファイト中でキャッチしたのは37センチのレインボーだったそうです。


上流に大きく移動してアベレージサイズを釣って楽しんでたらその時がきました。
川幅のある開きで流れも強くなくて沈んでる大石の周りを55Sスリムでドリフトぎみに流していたら、いきなり下から突き上げるようなバイトと共にロッドがバットから絞り込まれ、水面で見たこともない、体高のるイワナが跳ねてテンションがなくなりました。
森さんと顔を見合せ一瞬の沈黙の後はため息しか出ませんでした。

余裕の50アップで間違いなくメモリアルな一匹だったと思います…

完全な自分のミスでした。流れから見ても大きなサイズの出るポイントとは思ってなかったから雑に流していたんだと。
ラインが流れに取られてバイトに気づくのが遅れて…不覚でした。

その後、夕立が降るまでアベレージサイズを数匹追加してロッドオフとしました。

必ず今シーズン中にはあのイワナ捕ったります。
ということで長野通いは禁漁まで続きます。


7181718271837184718571867187

18:22, Friday, Jul 18, 2008 ¦ 固定リンク ¦ 携帯

 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る


フリーソフトで作るブログ